英語科教員のメモ書き。

新年度までに新調したかった。

f:id:thoughtsofenglishteacher:20180327191115p:plain

 

お疲れ様です、Javishです。

 

新年度が始まる前にどーしても新調したかったものがあり、

今日それが仕上がったので取りに行ってきました。

 

それは、ずばりスーツです。

 

今まで着ていたものを仕立ててから数年が経ち、

また来年度から勤務先が変わるという節目なので、

オーダーメイドで仕立ててみました。

 

今までのスーツも着れなくは無かったのですが、

なにぶんスーツを作ったときに「モテスリム」的な細身のものを作ったもので、

若干動きにくくなっていたんです。

決してウエスト的な問題ではなく。決して。

 

お店ではきちんと試着して仕上がりを確認しました。

やっぱり、新しいスーツはフィット感が全然違いますね・・・

これできちんとした身だしなみで生徒の前に立つことができます。

 

Javishは、スーツも生徒に隙を与えない武器のひとつだと考えています。

 

「生徒はよく教員を見ている」というように、

教員は常に生徒の模範となるような存在でなくてはいけません。

生徒は本当に教員の一挙手一投足をよく見ていて、

少しでもからかうことが出来る隙を見せるとすぐに反応します。

特にその指摘が授業中にされるとつらい。

「授業中に噛む」のはその典型。

 

授業力や知識などの内面だけでなく、

服装、髪型、持ち物など、見た目でも隙が無いように注意しなければ。

隙をなくして信頼を勝ち取りたい!