英語科教員のメモ書き。

絶対押さえたい英語上達に欠かせないコツ

f:id:thoughtsofenglishteacher:20180213202545j:plain

お疲れ様です、Javishです。

 

英語、上達したいですよね。Javish はまだまだ上達したいと毎日思っています。

先日自分が英語を喋っているところを撮った動画をみる機会があったのですが、自分の英語が下手くそすぎてひきました。めちゃくちゃ日本語訛りだし、単語は幼稚、文法はちょこちょこ間違ってる。そんな自分の絶望的な英語を、これから紹介する「英語が上達しやすくなる大切なコツ」に気をつけつつ、またトレーニングしていきます。

 

というわけで、今回は英語が上達しやすくなる大切なコツについて書きます! 

 

間違いを恐れずに話す

英語の上達に欠かせないコツ、それは「間違いを恐れずに話す」ことです。

なんだか今日は精神論から入った感じになっていますが、Javishはとても大切だと考えます。

 

間違いを恐れずにどんどん英語を話せるのであれば、間違いなく英語は上達します。

このコツを実践し、英語を各段に上達させた、とある人物を例に挙げます。

 

福岡ソフトバンクホークス川崎宗則選手です。

 

f:id:thoughtsofenglishteacher:20180213192856j:plain

 

まず、川崎選手の経歴を簡単に紹介しましょう。 

 

 

当時、川崎選手は英語がほぼ話せない状態でメジャー移籍。英語がほぼ話せない日本人が突然アメリカにやってきて、チームメイトやファンに愛される存在となれたのでしょうか?

 

ブルージェイズファンなら知らない人はいない、川崎選手の伝説的なインタビューがあります。ご覧ください。

www.youtube.com

この川崎選手のインタビューに、現地のファンやチームメイトは心を鷲掴みにされました。別の選手のインタビューに飛び入り参加。

そこで一発、"I'm Japaneeeeeese!"

f:id:thoughtsofenglishteacher:20180222201042p:plain

すごい勇気だと思います。

Javishは渡米2年目では、

インタビュアーからマイクを取り、嬉々として英語を大衆の前で話せません。 

そして、チームメイトのデラロサ選手も取材者もこの笑顔! 

ファンも大盛り上がりです。

 

このインタビューを皮切りに、川崎選手は現地でインタビューに次々呼ばれるようになり、ネイティブスピーカーを相手に毎回爆笑をとっていきます。Youtubeには川崎選手が爆笑を取っている動画がたくさんあがっています。

www.youtube.com

※冒頭部分音量注意

 

 

そしてついには、1人で取材に答えることが当たり前になりました。

www.youtube.com

この動画では英語で軽快にジョークをかましています!

 ネイティヴ相手に英語でジョークを言うのって、これもすごい勇気がいることです。

 

川崎選手が海外にいた期間はわずか5年ですから、すさまじい上達。

川崎選手の英語上達の鍵は、間違いを恐れずにどんどん英語を話しているところにあるでしょう。周りがほぼ全員ネイティブスピーカーというのもありますが、渡米しただけで上達するほど英語は楽ではありません。海外にいても、日本人の友達を作り、ついつい日本人だけで固まって話してしまうなんてよくあることです。

なぜ「間違いを恐れずに話す」と上達するのか

 では、どうして間違いを恐れずに話すことが英語上達につながるのでしょうか。ずばり、間違いを恐れずに話すことが大きな声で話すことにつながる点が挙げられます。「声量」は英語上達においてとても大切です。Javishは、「声量」に関して指導するときは「彫刻」のイメージで伝えるようにしています。英語を習い始めたときに大きな声で話すのは、彫刻をするときに大きな木の固まりを用意するのと同じです。

f:id:thoughtsofenglishteacher:20180222202616j:plain

 最初にまず大きな原料を用意して、そこから少しずつ削っていく。最終的な完成品が最初の原料より大きくなることはありませんし、最初の原料が大きい方が削る作業が簡単ですよね。途中経過も自分で実感しやすいため、やる気の維持もできる。大きなミスをしても、最初の工程であれば修正がきく場合もあります。これが、最初の木が小さいと前途多難です。削るのも難しく、上達も見えにくい、修正も難しい。不可能ではありませんが、玄人向けコースです。英語の学習にも同じことがいえます。この大きな声量を維持・確保するために、間違いを恐れない心が大切です。

 

おわりに

今回は英語上達に欠かせないコツとして、「間違いを恐れずに話すこと」を紹介しました。Javishは渡米1年目はめちゃくちゃ恥ずかしがってあまり英語が話せず、教授にも"Don't be shy!"(恥ずかしがらないで!)と何回も言われていました・・・あのときからこのコツを知っていれば、もっと英語がうまくなっていたかも?なんて思っています。失敗を恐れず、どんどん英語を話して上達させましょう!